ワークショップ/イベント

夏休みワークショップ 葉っぱスタンプでマイバッグをつくろう

期間: 2020年8月1日(土)~9月16日(水)
場所: 大宮盆栽美術館

葉っぱスタンプでマイバッグをつくろう

葉っぱをスタンプにして、マイバッグをつくる当館人気の夏休みワークショップの作成手順を公開します。
スタンプにする葉っぱをあつめながら、夏休み期間の自主学習や、小学校の理科で学ぶ「わたしのけんきゅう」として、葉のかたちやはたらき、葉みゃくのもよう、葉のかたさ、葉のとくちょうなど、自然のふしぎを見つけて調べてみましょう。
学校のまわり、家のまわりにどのような葉っぱがあるのか、葉っぱのある木はどのようなようすか見つけて調べてみましょう。

大宮盆栽美術館のミュージアムショップでは、ワークショップにそのまま使えるオリジナルバッグ(綿100%、タテ35.5㎝×ヨコ33㎝×マチ9.5㎝、当館ロゴ入り、500円)を販売しています。

 

【用意するもの】
バッグ、布用えのぐ、葉っぱ、筆、水入れと水、いらない紙(新聞など)、バレン(空きビンなど)
※スタンプするバッグの素材は綿100%が適しています
※布用えのぐはホビーショップやインターネット等で購入できます(アイロン不要のえのぐがおすすめ)

 

【作り方】※作り方PDF葉っぱスタンプでマイバッグをつくろうはこちら
(1)葉っぱをあつめる


葉っぱ は、とりたてのものがおすすめ! すぐにしおれてしまうので、バケツやビニール袋に水を入れてあつめに行こう!
【調べてみよう】
家のまわりにどんな葉っぱがあるのか調べてみよう
葉っぱの形のちがい、表と裏のちがいを調べてみよう
葉っぱのある木がどのような場所にあるのか調べてみよう
【注意】
トゲのある葉っぱ、かぶれる葉っぱに気をつけて葉っぱをあつめよう
公園などは、葉っぱのある木を保存している場合があります
あつめてよい場所の葉っぱをあつめるようにしましょう

 

(2)デザインを考える


バッグの上に葉っぱをおいて、どういうデザインがいいのか考えよう。今日は君がデザイナーだ!

 

(3)えのぐをじゅんびする

布用えのぐをじゅんびする。学校で使っている水彩えのぐは布につかないので使えません。

 

(4)葉っぱにえのぐをぬる

色をぬるのは、葉みゃくがある方でもない方でもどちらでもOK! これで葉っぱスタンプができあがり!
【れんしゅう】
葉っぱの表と裏、葉みゃくがある時とない時でどういうもようになるか、れんしゅうしてから本番だ!
えのぐの水の量も、いろいろためしてれんしゅうしてみよう!

 

(5)バッグに葉っぱスタンプをおす

自分でデザインしたところやバッグの好きなところに、色のついた葉っぱをおきます。

 

(6)葉っぱの上にいらない紙をおいてバレンでこする

葉っぱスタンプの色がよくつくように、重ねた紙の上からやさしくこすります。葉っぱが動かないように気をつけて!
バレンがなかったら、空きビンやペットボトルを使ってもOK。

 

(7)かわかしたら、できあがり!

そのままかわかしたら、できあがり! 
※布用えのぐの種類によって、乾燥方法が異なります。ここでは、アイロンがけが不要の布用えのぐを使っています。

 

完成した作品は、大宮盆栽美術館の公式インスタグラムに「#盆美で葉っぱスタンプ」で写真をシェアしてね!
みなさんの完成作品を楽しみにしています!

【大宮盆栽美術館 公式インスタグラム】https://www.instagram.com/omiyabonsaiartmuseum/

 


 

◆よくある質問とその答え◆

ここでは、皆さまからのお問い合わせの多いF.A.Q.(よくある質問)とその答えをご紹介します。ワークショップについてわからないことがございましたら、まずはこちらをご参考ください。また質問する前に必ずお読みください。

よくある質問1
Q. 布用えのぐはどこで買えるのか?
A. 布などが売っているホビーショップ、大きな文具店やインターネットで販売しています。当館ではアイロンがけが不要な布えのぐを使用しています。えのぐによってはアイロンがけなどが必要なので確かめてください。

よくある質問2
Q. 学校で使っている水彩えのぐは使えないか?
A. 水彩えのぐは布へ使用するのに適していません。紙でのれんしゅうや紙へスタンプして葉みゃくのようすを調べるのには適しています。必要に応じてえのぐをご用意ください。

よくある質問3
Q. オリジナルバッグは通信販売でも買えるのか?
A. 現在、通信販売は図録のみとなっています。当館へご来館いただきご購入ください。

よくある質問4
Q. バッグの素材は綿でないとダメか?
A. 使用する布用えのぐによって異なるので、えのぐの使い方をご確認ください。ポリエステルや麻、デニムなど様々な生地に使用できるえのぐもあります。

よくある質問5
Q. 葉っぱはどんなものでも使えるのか?
A. 葉っぱスタンプにするのは、やわらかい葉っぱ、葉のトゲや毛羽立ちがない方がえのぐをはじかないので適しています。葉っぱは水分がなくなると乾燥して使用しにくくなるので、とりたての葉っぱが使用しやすいです。

よくある質問6
Q. バレンはどこで売っているのか? ない時はどうしたらいいか?
A. バレンは大きな文具店や大きな百円ショップ、インターネットなどで売っています。空きビンやペットボトルの底でも代用できます。ぜひ身近なもので工夫をしてみてください。

よくある質問7
Q. 完成したバッグは洗濯できるのか?
A. 使用する布用えのぐによって異なるので、えのぐの使い方をご確認ください。当館で例年行っている葉っぱスタンプでマイバッグづくりのワークショップでは、24時間の自然乾燥後は洗濯可能な布用えのぐを使っています。

よくある質問8
Q. えのぐはどれくらい乾燥したらいいのか?
A. 使用する布用えのぐによって異なるので、えのぐの使い方をご確認ください。当館で例年行っているワークショップでは、夏は2~3時間で乾燥する布用えのぐを使っています。

よくある質問9
Q. 衣服についた布用えのぐはとれる?
A. 衣服についた場合、布用えのぐはとれません。汚れてもいい服、エプロンなどを着用して制作することをおすすめします。

よくある質問10
Q. 1~9の質問を読んでもわからないことがある場合は…
A. 電話もしくはファックス、下記のお問合せフォームからお問合せください。
https://www.bonsai-art-museum.jp/ja/contact/

※同時開催の企画展「夏休み子どもぼんさい美術館」についてはこちら

サイトマップ

サイトポリシー

トップページへ