ENGLISH

お知らせ

米国立盆栽・盆景園と姉妹館になりました

さいたま市大宮盆栽美術館は、令和元年8月5日、米国を代表する盆栽関連施設である「米国立盆栽・盆景園」と姉妹館提携を結びました。

ワシントンD.C.にある米国立盆栽・盆景園において、清水勇人さいたま市長とリチャード・オルセン米国立樹木園長(Dr. Richard T. Olsen)による姉妹館提携宣言書の調印が行われました。

調印式は、米国立盆栽・盆景園のシンボルとして展示されている通称「ヤマキ・パイン」の前で行われました。この盆栽は、広島の山木勝氏から贈られた五葉松で、原爆の中で生き延びた盆栽として全米に知られています。

調印後には、オルセン園長と清水市長によるスピーチのほか、米国盆栽財団の共同代表であるフェリックス・ラフリン氏(Felix B.  Laughlin)より提携への期待を寄せたメッセージがありました。

また、清水市長からオルセン園長に記念レリーフを贈呈しました。このレリーフは、両館が盆栽を通じた国際交流を永続していくと共に、両国の人々が盆栽を愛し続けることを祈念するもので、彫刻家の坂口紀代美氏により制作されました。

同じレリーフを大宮盆栽美術館にも展示する予定です。

米国立盆栽・盆景園の公式ウェブサイト:https://www.bonsai-nbf.org/

米国立樹木園の公式ウェブサイト:https://www.usna.usda.gov/


調印式にてオルセン米国立樹木園長(左)と清水勇人さいたま市長による握手


姉妹館提携の記念レリーフ


米国盆栽財団フェリックス・ラフリン共同代表

 

調印式後の昼食会では、在米日本国大使館の島田丈裕公使から祝辞があり、盆栽を通した日米の文化交流への期待とともに、日本国としてサポートをしたいとの力強い言葉をいただきました。

セレモニーの最後には、大宮盆栽美術館の田口学芸員が「日本の盆栽の歴史」についての記念講演を行いました。

 
在米日本国大使館 島田丈裕公使


大宮盆栽美術館の田口学芸員による記念講演

 

盆栽文化を通した両館の繋がりを約束する、歴史的な瞬間となりました。

 


姉妹館提携お祝いのケーキ


最後は主な出席者で記念撮影


【米国立盆栽・盆景園】

ワシントンD.C.にある米国立樹木園の施設。

米国立樹木園は、1.8平方キロメートルの広大な施設で、年間60万を超える人が訪れる世界有数の樹木園です。

米国立盆栽・盆景園は、1976年のアメリカ建国200周年を記念して、日本盆栽協会から盆栽53点が寄贈されたことを契機に設立されました。


米国立盆栽・盆景園


米国立盆栽・盆景園

サイトマップ

サイトポリシー

トップページへ